スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鋼の錬金術師
鋼の錬金術師

◆作者・荒川弘
◆出版社・スクウェア・エニックス
◆巻数・1~22巻(以下続刊・2009年7月現在)

鋼の錬金術師 (1) (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 (1) (ガンガンコミックス)
(2002/01)
荒川 弘

商品詳細を見る
◆あらすじ
・幼き日に最愛の母親を亡くしたエドワードとアルフォンス。
 母親を生き返らせようと、錬金術において最大の禁忌・人体練成を行ったが
 失敗してしまう。兄エドワードは左脚を、弟アルフォンスは全身を失ってしまう。
 エドは右腕を対価として、アルの魂を何とか鎧に定着させたが自分達の愚かさに気づく。

 エドは国家錬金術師となり、二つ名「鋼」を授けられアルと共に元の身体に
 戻る為、絶大な力を持つ賢者の石を探す旅に出る。


◆この本にまつわるエピソード
・本屋さんで、何度か表紙だけは見ていたのですがあまり興味はなく…。
 アニメ化(第一期)されるというCMを見て、気になったのでとりあえず1巻だけ
 読んで面白くなかったら売ろう!と思っていたのですが…大ハマリ。

・今まで、この漫画以上にハマった漫画はなかったというぐらいハマりました。
 アニメを見て、映画館へと行き、USJまでチケットを予約して行くという…。
 思い出しただけでも驚きですよ。


◆小言
・ちなみに鋼のCMを見た時、私が見ていたのは「探偵学園Q」のアニメです。

・アニメを録画し忘れた時、買い物に出かけていて気が気じゃなかったのを
 覚えています。今思うと、笑える話なんですけどね。

・前作のアニメの方が私は好きです。まぁハマった原因がコレなものですから。

・DVDは映画版(限定版)、鋼フェス、USJのOVAを持っています。
 サントラも2枚ほど持ってます。あとは主題歌集ぐらいかな??

・一番好きな話は1話ですね。1巻だけは、めちゃくちゃ読み込んだ記憶があります。
 最近は、1回読んで終ってしまっていますけどね…。
 あまり暗すぎるのもダメなもので…あと登場人物が多いと頭がついていけません。

・好きなキャラはエドワード・エルリックです。
 読み始めた時は大佐だったんですけど、いつのまにかエドに変わってました。
 これによって、別館である夢小説サイトを始めることになったんですけどね。

・USJへとこのアトラクションが出来ると聞いた時は、ドキドキでした。
 写真も撮っちゃうし…そりゃネット予約で発売日当日数時間後に取ってましたよ。
 番号がたしか…3桁(ほぼ2ケタ近い)でした。今でもあれは、大切な思い出です。

・映画館にアニメの映画を見に行くっていうことも、ほとんどしなかったので
 本当…自分の中でも驚きです。

・世間ではこの漫画の略称が「ハガレン」ですけど、私は何故か「鋼」と言ってます。

・漫画はかなり佳境です。アニメもそれに合わせて進んでいると思われます。
 一度も読んだ事ない人は是非原作を。それを読んでからアニメを見てもらいたいです。
 今やっているアニメから入った人の目から前作のアニメはどう映るのだろう?

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © Peashooter×Ineffective. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。