スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プライベートアイズ
【プライベートアイズ】

◆作者・野村あきこ
◆出版社・講談社
◆巻数・全3巻

プライベートアイズ (1) (講談社コミックスなかよし (838巻))プライベートアイズ (1) (講談社コミックスなかよし (838巻))
(1996/08)
野村 あきこ

商品詳細を見る
◆あらすじ
・清宮里花は全寮制の聖園学園に入学するも、人数調整の都合上ルームメイトがおらず
 2人部屋に1人で寮生活を送っていた。そして8ヵ月後、ようやく待望のルームメイトができることに。

 しかし、里花の前に現れたルームメイトの転校生・森村時緒は、なんと男だった。

 実は、時緒はスパイ。大切な幼馴染の若君を自由の身にすべく、学園内で起こる理事長派と
 学園長派の派閥争いを調査するため、同じく幼馴染でスパイの広瀬碧、浅見響子とともに
 女装して学園に潜入してきたのだった。

 事情を知り、里花も3人に協力することになるのだが…。


◆この本にまつわるエピソード
・かなーーーり前に持っていた作品なのですが、今でも好きな漫画の一つです。
 スパイ物が好きっていうこともあって、新刊が出るのが楽しみだったなぁ。

・この作者の作品が好きで、買っていたというのが主な理由です。

・今でも、部屋には3巻の表紙の模写の画が残っていたりします…(笑)


◆小言
・読んだことあるっていう人がいたら、多分同年代かもしれない。

・本屋さんには置いてませんが、多分中古屋さんへと行けばあると思います。
 立ち読みでもいいので、是非読んでみてください。

・時緒の女装キャラも好きだったけれど、男に戻ったときの素の顔が
 かっこよかったのを覚えています。

・碧さんのハリセンがいつもどこから出てくるのか謎でした。

・響子さん…かっこよすぎなんだよね、まぁ…彼女?も女装なのですが。

・それにしてもヘアピン→鍵開け道具→カギ師→詐欺師ってどうよ?
 なんか響子さんかわいそうじゃん(笑)でも、妙に似合ってましたけどね。

・若君は最後の方中心に登場するんだけど、彼が一番かわいそうな役回りです。
 まぁ…その理由は読んでみてのお楽しみってな感じで。

・この作者の他の作品として
 *やまとなでしこ同盟(全1巻)
 *すてきにディッシュアップ!(全1巻)
 *JOKER(全2巻)
 を私は持っておりました。どれも好きな作品ではあるけれど、一番好きなのは
 この「プライベートアイズ」なのです。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © Peashooter×Ineffective. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。