スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BLACK CAT
BLACK CAT

◆作者・矢吹健太郎
◆出版社・集英社
◆巻数・全20巻(文庫版は全12巻)


Black cat (1) (ジャンプ・コミックス)Black cat (1) (ジャンプ・コミックス)
(2001/01)
矢吹 健太朗

商品詳細を見る

◆あらすじ
・秘密結社クロノスに暗殺者として優れた才能を認められ、クロノスの精鋭部隊
 ナンバース特例の13人目として採用された、トレイン=ハートネット。
 彼は抹殺者(イレイザー)として暗躍し、裏の社会では通称【ブラック・キャット】と
 呼ばれていた。

 ある日、彼は掃除屋のミナツキ=サヤと出会い、彼女の影響から組織の暗殺者を
 辞めて、掃除屋として生活しようとする。しかし、それを快しとしないクロノスでの
 相棒・クリード=ディスケンスにより、サヤを殺されたトレインは掃除屋として
 クリード率いる狂気の革命軍団【星の使徒】との壮絶な戦いへと身を投じていく。

◆この本にまつわるエピソード
・初めて読んだのは、お好み焼き屋さんでした(笑)

・その時に面白いなって思ったので、本屋さんへと行って単行本を買いました。
 確か、お好み焼き屋さんで何回もその話を読んだのを覚えていますよ。
 単行本2巻最初に収録されている話です。

◆小言
・初めて読んだ時は、どういう内容かわからなくて適当に自分の中で話を作ってました。
 その時の勝手な想像では【主人公は感情が高ぶると人間の姿になって、普段の姿は猫】
 っていう勝手な解釈をしておりました。

・なので、単行本を買って読んでみてあまりの違いに笑いましたよ。

・最初の頃と、画のタッチが違っているのが一気読みするとわかります。
 すごく上達したなぁって思いますからね。

・トレインの愛銃・ハーディスが好きです。

・むしろクロノスの隊員全ての武器がカッコいいなぁって思ったりして…。
 あーでも、ジェノスの武器は使いにくそうだよね(ヲイ)

・アニメ化をするとは全く予想していませんでした。しやすそうな内容ではありますが。
 中身は原作と似ているようでほとんど違う感じに構成されていました。
 原作では登場しなかったナンバーズとか出てきたしね。

・アニメ化の声優さんは
 *トレイン=ハートネット→近藤隆
 *スヴェン=ボルフィード→藤原啓治
 *イヴ→福圓美里
 *リンスレット=ウォーカー→ゆかな

 って感じですが、余談としてジェノス=ハザードの声は櫻井孝宏さんです(笑)

・なんかネット上ではいろいろと言われていたみたいですが、それを知ったのは
 結構後でした…。まったくそういうのを意識して見てないからなぁ。

・今現在漫画は手元にないのですが、文庫版の最終巻だけ読みたいなと
 思っています。確か読みきりが収録されているはず。

・漫画は賛否両論あるかもしれないですけど、私は好きな内容です。
 トレインが銃使いってことだけで好きじゃないよ!(本当かよ)

・トレインの着ている服のドーナツ型のモノが気になります…。
 スヴェンは自称・紳士。この二人のコンビが結構好きです。

・漫画から読むか、アニメを見るか…どっちでも楽しめると思います。
 ただ、私的になのですが漫画を読んだ後にアニメを見たほうがいいかも??
 まぁ、こればっかりは人好き好きだと思いますからね。
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © Peashooter×Ineffective. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。