スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PandoraHearts
【PandoraHearts】

◆作者・望月 淳
◆出版社・スクウェア・エニックス
◆巻数・1~9巻(2009年9月現在)

Pandora Hearts 1 (Gファンタジーコミックス)Pandora Hearts 1 (Gファンタジーコミックス)
(2006/10/27)
望月 淳

商品詳細を見る
◆あらすじ
・15歳の成人の儀に訪れた紅き厄災…。
 その身に覚えのない罪により、永遠の監獄アヴィスへと堕とされたオズ=ベザリウス。
 彼はそこで「アリス」と名乗る少女に出会う。
 抗えない運命の歯車が、絶望へと誘うかのように…。


◆この本にまつわるエピソード
・大抵、Gファンタジー系の単行本はネットをウロウロしている時に見かけた
 作品だと思ってください。

・だって、雑誌は買ってないもん。

・今では有り得ないかもしれませんが、買った時は近所の本屋に置いてなかった。


◆小言
・「不思議の国のアリス」の雰囲気を感じたので買ってみました。

・中身は、もっとドロドロで読んでいろいろと考えさせられました。

・ヘタレなギルバートが結構好きです。

・でも私の性格から言えば、ものすごくオズに近い気がします。
 彼を見ていると、なんだか自分の事を言われているような気にもなるしね。

・アニメ化をしたことによって、本屋さんに大量に置かれるようになりました。

・配役はこちら
 *オズ=ベザリウス → 皆川純子
 *アリス → 川澄綾子
 *ギルバート=ナイトレイ →鳥海浩輔
 *ザークシーズ=ブレイク → 石田彰
 *ヴィンセント → 福山潤
 (敬称略)

・カラーの塗り方が好きです。

・オズがどのように成長していくのか、それを無事に見守ることがギルには
 できるのだろうかと思いながら読んでおります。

・あぁ!ブレイクの大切にしているエミリーも好きです。

・8.5巻が発売された時にエミリー人形が当たる応募があったのですが
 結構マジで欲しかったです(結局送ってないんですけどね)

・ブレイクのキャラも好きです。

・まぁ、暗いのがあまり好きじゃないっていう人は苦手な雰囲気でしょうけれど
 それを緩和してくれる話も時々あるので、興味を持ったら是非。

・基本、暗めなんで(ヲイ)
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © Peashooter×Ineffective. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。